とあるアーティファクト使いの日誌

筆者のMTGライフやらを記録するブログです

ドミナリア待機

あらすじ

前日調整で個人4−0して調子に乗ったところから本戦で0−5−1という地獄のような成績を叩き出して無事フラグを回収し、チームメイトにボロクソに叩かれてメンブレ状態で京都から帰還した筆者。

来るドミナリア環境に想いを馳せつつ、イクサラン次元での最後の戦いである環境名人戦に挑むのであった。

イクサランの相克環境名人戦

というわけで、使ったデッキはこちらです。

f:id:kommy117:20180419182026p:plain

PPTQ突破したときの白単にハゾレトを取り入れた感じですね。MOCS(でしたっけ?)を勝ってたやつを参考にちょっとアレンジ。

メインだとスラムの巧技のほうがハゾレトよりも強いと思うのですが、サイドボードの枠を増やすために枚数比を妥協しています。枠が許すならメインはスラムの巧技2にしたかった。

そろそろ対策されていて厳しい気もしましたが、ドミナリア環境が楽しみすぎてそっちのデッキばかり考えていたため(Brawlもすごく楽しみだよね!!)、あまり調整する時間がなかったのでこのデッキになりました。

 

ドラフトの戦略としては海賊系の早いデッキを決め打ちしようと考えていました。スタンは4−1−1くらいが限度だと思うので、ドラフトは3−0しないとダメなので決め打ちがよかろうというわけです。

結果は!!

  1. スゥルタイカウンター:◯XX
  2. 赤単:XX
  3. スゥルタイカウンター:◯◯

ぬわーーーーー(イケボ)!!

開幕から最も苦手とするスゥルタイカウンターを引いてしまい敗北すると、お次の赤単はそこそこ相性いいはずなのですがドローが噛み合わず敗北。R3もスゥルタイカウンターで絶望しましたがここはお相手の事故で勝利、1−2。。。

一緒に来ていた方々も1-2, 0-3と素敵な成績だったので、仲良くドロップしてもう一人の知り合いと合流してボドゲに勤しむことになりました。

まさかドラフトにたどり着くことすら出来ないとは。ちょっとドミナリアが楽しみすぎて心ここにあらずだったみたいですね。

真面目な反省としては、白単というデッキ自体がちゃんと対策されはじめていたというのを察知すべきだったといったところでしょうか。線の細いデッキなので意識されたらなかなか厳しいです。もう一つのデッキ候補だった赤緑モンスター(恐竜型)を持っていったほうが結果的には正解だったかな。

ドミナリアに想いを馳せる

というわけで、無事にイクサラン次元からドミナリア次元に向かえるようになったわけです。

楽しみなカードが多すぎるドミナリアですが、特に注目してるカードはこの辺りです(注目してる順に上から)。

  1. ベナリア史
  2. フレイアリースの歌
  3. ランプのジン、ザヒード
  4. ウルザの後継、カーン
  5. アンティキティ戦争

1は、個人的な好みに完全に合致している1枚。騎士出して「バーランだにゃん」って言いたい。

多分BMOでは楽しそうにこのカードを使ってると思います。なにしろすでにトークンまで完成している有様です。

f:id:kommy117:20180419191149j:plain

2は、絶対に誰かが悪さするデッキを組むと思うのでそれに備えて待機しておくことにします。私にはこんなカードを使う能力はないので!

3は、世間だとライラさんがやけに注目を集めてますが、密かにこいつのほうが強いんじゃないかなとか思ってたりします。皆さん安いうちに抑えときましょう。

4は、スタンだとそこまで強いと思いませんが、モダンで親和に入ったときにどうなるかに注目しています。今回はBMOモダンに参戦予定なんですが、そこで使うかは開幕のお値段次第ですね。。。プレリリースとかで仲間内で誰か当ててトレードしてくれたりせんかな。。。。

5もフレイアリースの歌と同じく面白いデッキができそうなので考えてみる&誰かが完成させるのを待機予定です。

最後に

ちなみにBrawlは青赤のデッキを考えてます。つむじ風の巨匠の無限ソプターとかで勝つ感じですね。統率者やったことがないので除去をどのくらい入れればいいのかとかわからないことだらけです。わからない!楽しい!

というわけで、次の更新はスタンとモダンに参戦するBMOかな。今回はプレリのときにボックスが買えたりもしますし、ドミナリアが楽しすぎたらその前に何か書くかもしれません。

では次回、「突撃、ドミナリア!!」でまた会おう。