とあるアーティファクト使いの日誌

筆者のMTGライフやらを記録するブログです

GP京都への道その2 - 破滅の刻リミテッド調整録 -

あらすじ

GP京都に向けて練習したりする筆者。

練習で得た結果を本にGP京都の方針を決めるのであった。

スポイラーを見た雑感

スポイラーを見た時点で思ってたのはこんなことでした。

  • 2マナ域の督励持ちが減ったので督励+カルトーシュで殴る簡単なゲームではなくなりそう
  • 除去が全体的に強い
  • クリーチャーサイズの基準は3/3
  • 神はやばい
  • 神以外も青黒赤は優秀なカードが多いので人気がありそう 

あと、シールドとドラフトは別ゲーになりそうだなというのもありました。シールドは青黒赤をみんな使えばいいですが、ドラフトはそうもいきませんからね。

PPTQ@7/16

今回はプレリに参加できなかったので公式デビューは発売二日後のPPTQ。

MOと身内の練習会でシールドは感触よかったのでトップ8までは行きたいところ。

使ったデッキはこちらです。

f:id:kommy117:20170717055057j:plain

青黒赤がどうとかいうのはどこにいったのか。。。

緑白タッチサムト&ドレイク。平地と森は6枚ずつで、土地16枚構成です。

《誇り高き君主》で猫祭りをする簡単な勝ち筋もありますが、メインの戦略は《マナリス》や《オアシスの祭儀師》から重めの呪文を連打すること。サムトか7/7ワームにたどり着ければ勝てるかなといったところです。除去もいい感じなので悪くないデッキです。

結果はこちら。

  1. 白黒赤:X◯◯
  2. 青黒赤:◯X◯
  3. 青黒赤:◯X◯
  4. ID
  5. ID

3-0-2で5位で決勝ドラフトへ。

ちなみにドレイクはさすがにやりすぎでした。素直に《蓋世の誉れ》か《発射》でよかった。

 

さて、シールドと対象的にドラフトはMOで一度も2勝以上したことがない状況。

全く自信がなかったのでマネーピックは全力でする覚悟で臨みましたが、、、

f:id:kommy117:20170717055032j:plain

マネーピックできるカードを引くこともなく、腐乱臭漂う白黒が完成。相手の事故以外の勝ち筋がない恐ろしいデッキです。

そして結果は、、、

  1. 白黒:XX

音速で1没。まあわかってた。

1-1の《毒の責め苦》に引きずられましたが、どこかで緑か青に色変えをすべきだったという反省がありました(赤はかなり強いカードを流してるので色変えは無理)。

あと、王神の天使が実はあまり強くなかったので、優先して取ってしまったのはかなり失敗でしたね。

調整でわかったことなど

シールド

とりあえずボムを引けるように前日には神社に行くのがいいですね。京都ですし神社には困らないでしょう。幸い筆者の宿は平安神宮のそばです。

大切なのはボムの入ってないミッドレンジを組まないことでしょうか。ボムがあれば多少マナカーブおかしくても使うし、ボムがないならアグロに思いっきり寄せるのがよさそうです。

個人的にはPPTQで使ったようなデッキが組みたいなあと思いました。ランプ戦略にしてプールにある全部のパワーカードを使うのは有効そうです。

ドラフト

まずアーキタイプ環境であるというのが全体的な総意っぽいですし、筆者もそう思います。

そのうえで、今回は除去が非常に強いということで、MOで失敗を繰り返して学んだ一番大切なことは除去から色に入らないということでした。

普通の環境なら除去の優先度は高いわけですけれど、今回は優先度の意識を変えようと思ってます。

普段:ボム>除去>アーキタイプ用カード>低マナ域>その他

今回:ボム>アーキタイプ用カード>除去=低マナ域>その他

低マナ域も気づいたら不足しがちなので、本当に優秀な除去よりも優先する価値があります。

あとは、各2色の組み合わせでできるアーキタイプの完成形を頭に叩き込む作業をしつつ当日に備えます。

最後に

こういう方針で行きますみたいなのはもっと具体的に書こうと思ったんですが、今回は本当に自信がないので前日のLTCでの結果なんかも踏まえて色々考えたいのでここには書きません。

見当ハズレのことを書いて、この記事を読んだ人に万が一不利益を与えてしまった場合に苦情に耐えられる自信がありませんからね。

 

しかし「やる前から負けたときのことを考えるやつがいるかよ」という名言もあります。目標は初日9−0からの2日目4ー1ー1を掲げておきます。 

では次回。「PPTQ京都レポート」でまた会おう。