とあるアーティファクト使いの日誌

筆者のMTGライフやらを記録するブログです

GP京都への道その1 - GP京都2017前に覚えておきたいことまとめ -

あらすじ

GP京都2017前にリリースノートを見て、カードの能力で忘れがちなことをチェックしておこうと思った筆者。

個人的な備忘録ですが、公開しといたら需要あるかな&他にもあったら誰かツッコミいれてくれるかなということで、まとめを公開しようと思ったのだった。

まえがき

そんなわけで、「破滅の刻」と「アモンケット」で混乱が起きそうだったり、知っておくとちょっと得するかも知れない技術をまとめてみました。

この記事はシールドのデッキの組み方やドラフトのピックのテクニックに関しての記事ではありません。そういった記事が読みたい方は某ショップの合宿の記事やら公式の記事やらを読むといいんじゃないかな!!

覚えておきたいテクニック編

《毒の責め苦》

f:id:kommy117:20170717044421p:plain

《毒の責め苦》の前半の効果でカルトーシュ付きでクリーチャーを除去された場合、後半の効果で生贄に捧げるパーマネントとしてそのクリーチャーについていたカルトーシュを指定できます

奇妙な現象ですが、《毒の責め苦》の前半の効果でタフネスが0になった場合でも能力の解決中はまだ戦場にあるためです。

また、《毒の責め苦》の対象になったクリーチャーに呪禁を与えたりバウンスしたりして《毒の責め苦》の対象を不適正にした場合には後半の能力も起こりません

もちろんカルトーシュ以外のエンチャントでも同じです。毒の責め苦がコモンなので、覚えておくと役立つ場面がありそうです。

勘違いしやすいカードの能力編

督励

督励の能力の効果はあなたの次のアンタップ・ステップにアンタップしないです。

一時的に対戦相手のクリーチャーのコントロールを奪ってそのクリーチャーを督励した場合、次の対戦相手のアンタップ・ステップにはアンタップされます。対戦相手が督励したわけではないですからね。

また、カードによっては誘発の条件が「あなたが自分のクリーチャーを督励したとき」のものがあります。こいつらは自身以外を督励した場合にも能力が誘発しますので混同しないようにしましょう。

最後に、もはやわからない方はいないと思いますが、督励の能力誘発はスタックに乗りますので督励時に修正を受けるクリーチャーなどは対応して除去を打つことができます。《砂漠破》や《絶妙なタイミング》を握っている場合に使えるテクニックですね。

各種カルトーシュ

カルトーシュのエンチャント先はあなたがコントロールするクリーチャーです。

これは以下の2つを意味します。

  • コントロールを奪う呪文で奪った場合には外れる
  • 相手のクリーチャーにエンチャントしてCIP能力を使うことはできない

2個目はそもそもそんなことしないよと思うかもしれませんが、クリーチャーを出してない状態で青カルトーシュを相手のクリーチャーにつけてドローしたい、などが稀に起こりえます。

また、カルトーシュの対象になったクリーチャーをスタックで除去されるとカルトーシュは一度も場に出ないのでCIP能力は誘発せず試練も回収できません。こちらはよく起こるので注意ですね。

神の最後シリーズ(《バントゥ最後の算段》など)

これらの呪文が打ち消された場合には土地は次のアンタップ・ステップに通常通りアンタップされます

打ち消しにより「あなたがコントロールする土地は次のアンタップ・ステップにアンタップしない」という効果も打ち消されるためです。

《希望守り》

f:id:kommy117:20170717044251p:plain

能力の起動に1マナかかることを忘れがちです。督励しないとマナは伸びません。

《蜃気楼の鏡》

f:id:kommy117:20170717044514p:plain

《蜃気楼の鏡》で自分の伝説のパーマネントをコピーしてしまった場合にはレジェンドルールが適用されます

つまり、《蜃気楼の鏡》もしくはコピー元のパーマネントを墓地に置かなくては行けません。気をつけましょう。

ちなみに不朽や永遠で伝説のクリーチャーを場に出した場合に同じ名前のクリーチャーが場にあった場合にも同じことが起こります。

《ニッサの敗北》

f:id:kommy117:20170717050340p:plain

テキストを注意深く読むとわかりますがクリーチャーは対象に取れません。緑相手に間違ってサイドインしないように気をつけましょう。このカードをサイドインしていいのは相手が《サンドワームの収斂》を使ってきたときくらいです。

《誇り高き君主》

f:id:kommy117:20170717054128p:plain

自分のコントロールする猫が+1/+1修正を受けるものと勘違いすることが多いですが《誇り高き君主》はあなたがコントロールする他の猫1体につき+1/+1の修正を受けるが正解です。猫を出して、出した分だけ自分が強くなるということですね。

能力に白マナが必要なのも見落としがちなのでお気をつけください。ちなみにPPTQで使ってみましたがかなりのパワーカードです。プールにあったらぜひ使いましょう。

《打擲場のマンティコア

f:id:kommy117:20170717045203p:plain

主にアモンケットのプレリリースで間違いが連発されていたカードです(私も間違えてました。対戦した方、本当にごめんなさい)。

3点のダメージは対戦相手にしか飛ばせません。冷静に考えたらクリーチャーに飛ばせたら強すぎますね。。。

ちなみにこいつは猫ではありません。 

《迷宮の守護者》

f:id:kommy117:20170718195650p:plain

生贄に捧げるのは呪文の対象になったときだけです。能力の対象になったときは生贄に捧げられません。

イリュージョンが持つデメリット能力と微妙に違うので気をつけましょう。

《壊滅甲虫》

f:id:kommy117:20170718194405p:plain

攻撃時に誘発する能力はあなたがコントロールするクリーチャーが-1/-1を持っていなくても対戦相手のクリーチャーに-1/-1カウンターをのせることができます

《過酷な指導者》

f:id:kommy117:20170718194703p:plain

督励は起動型能力ではありません。なので対戦相手のクリーチャーが攻撃時に督励をしても2点のダメージは与えられません。

起動型能力で督励する場合は起動型能力ですので2点ダメージを与えられます。

《圧倒的輝き》(7/18追記)

f:id:kommy117:20170718202821p:plain

こいつにエンチャントされた場合不朽・永遠やサイクリングも使えなくなります

ちなみにこのカードは出されたらほぼ敗北なのであまり意味がないと思いますが、厳密なルールがものすごく難しいカードなのでここですべて説明することはしません(出来ません)。わからない状況になったら素直にジャッジを呼んで確認してください。

ルール関連で覚えておきたいこと編

加虐

加虐の誘発は相手がブロッククリーチャーを指定した後にブロッククリーチャー指定ステップの最初に1回だけ誘発します

どういうことかというと、ダメージを解決する段階になって「通ったのとこの生物の加虐で7点です」みたいなことを言った場合に、「あなたが加虐の誘発を忘れてダメージステップに入ったのでもう加虐のダメージは入らないよ」といういちゃもんが通ってしまう可能性があるということです。

もしこういう状況になってしまったらジャッジを呼ぶことをおすすめします。しかし過去に似たような能力を持ったクリーチャーでいちゃもんが通る例をみたことがありますので、都度しっかり宣言するに越したことはありません。

なおいくつかの加虐持ちが持っている能力である「攻撃してブロックされなかった場合」という能力もブロッククリーチャー指定ステップに誘発する能力です。こちらも忘れずに宣言しましょう。サボタージュ能力と勘違いしがちなので気をつけてください。

《威厳ある万卒隊長》

f:id:kommy117:20170717050120p:plain

これも加虐と似たような注意点です。

キーワード能力を得る能力は各ターンの戦闘開始ステップに誘発します。戦闘開始ステップに宣言しなければいけないことと、相手のターンにも誘発することを注意しましょう。

スカラベの責め苦》

f:id:kommy117:20170717044541p:plain

こちらもかなり揉め事が起きそうだと思っているカードです。

スカラベの責め苦》の能力の誘発を指摘しなければいけないのはスカラベの責め苦をコントロールしているプレイヤーです。

契約のマナの支払いのように「忘れてドローに進んでしまったら3ライフ払うものとして扱われる」というようにはなりません。下手すると誘発忘れと扱われて何も支払わずにすすめることになってしまうことになります。誘発は忘れずに宣言しましょう。

ちなみにジャッジの方に聞いてみたのですが、その方であれば状況を聞いて、「悪意を持って無視して」ドロー・ステップに進んだのかどうかを確認して対応することになると思うとおっしゃってたので、もし起きてしまったらジャッジを呼ぶのが良いと思います。

twitterの質問ボックスでも「通常であればその場で能力をスタックに乗せる対応になるだろう」という返事だったので、ジャッジを呼べばあるべき形になるとは思います。ただし、その場のジャッジの方の判断により「誘発忘れとして扱ってそのまま継続」ということにもなりかねないので、やはり忘れずに宣言するのがいいでしょう。

なお、これを読んで「なるほど。じゃあさり気なくドローに進んじゃって誘発忘れをワンチャン狙っていこう」と思う人が増えないことだけを願っています。

「故意の誘発忘れ」が起きかねない状況というのはジャッジをしているとよくわかるようで、状況のインタビューがしっかり行われれば大抵は露見して、あるべき状況に戻されます。なので自分から故意にそういうことをやるのは絶対にやめましょう

たまに大会で似たようないちゃもんをつけて有利を得ようとするプレイヤーがいますけれど、フェアプレーの精神を持ってマジックをしてほしいと切に願うばかりです。

あとがき

他にも何かあったらぜひご連絡ください。追記させていただきます。

文章の長さからわかると思いますが、今回一番主張したいのは《スカラベの責め苦》のところに書いてあることです。GP京都でこういった例での揉め事が起きないことだけを切に願ってます。

 

では次回。「GP京都への道その2」でまた会おう。