とあるアーティファクト使いの日誌

筆者のMTGライフやらを記録するブログです

目指せ3連続RPTQ出場。PPTQ@調布の巻

あらすじ

RPTQで惨敗したり名人戦でそこそこ頑張ったりした筆者。

次回のRPTQへの権利を得るべく、今シーズン最後のPPTQ(スタン)に挑むのであった。

使用したデッキ

さて、ゾンビをお貸ししていた友人からまるまるデッキをもらってきたので、デッキ選択としては名人戦で使った赤緑エネルギーかゾンビの二択になります。

色々悩んだ末に使ったデッキはこちらです。

黒単ゾンビ

クリーチャー:24
4:《戦慄の放浪者/Dread Wanderer》
4:《墓所破り/Cryptbreaker》
4:《金属ミミック/Metallic Mimic》
4:《無情な死者/Relentless Dead》
4:《呪われた者の王/Lord of the Accursed》
4:《戦墓の巨人/Diregraf Colossus》

呪文:12
3:《闇の掌握/Grasp of Darkness》
2:《致命的な一押し/Fatal Push》
4:《闇の救済/Dark Salvation》
3:《リリアナの支配/Liliana's Mastery》

土地:24
23:《沼/Swamp》
1:《ウェストヴェイルの修道院+不敬の皇子、オーメンダール/Westvale Abbey+Ormendahl, Profane Prince》

サイドボード:15
4:《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger》
2:《豪華の王、ゴンティ/Gonti, Lord of Luxury》
1:《闇の掌握/Grasp of Darkness》
1:《不帰+回帰/Never+Return》
1:《リリアナの支配/Liliana's Mastery》
2:《高速警備車/Fleetwheel Cruiser》
2:《領事の旗艦、スカイソブリン/Skysovereign, Consul Flagship》
2:《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope

はい。ゾンビですね。

筆者自身のデッキの理解度や最近のゾンビのメタられ具合を考えると赤緑エネルギーも悪くなかったんですが、ここはデッキのパワーを優先してみました、とかいうもっともらしい理由を考えてましたが一番の理由は。。。

f:id:kommy117:20170702000226j:plain

せっかくトークン自作したから使いたかった!!!!

 

f:id:kommy117:20170703021158j:plain

あと、ルナのスリーブ買ったから使いたかった!!!!

 

ロジックのかけらもないデッキ選択をしたところで、一般的なゾンビのリストとの違いとしては以下。

《ウェストヴェイルの修道院》は1枚

MOで回してみて思ったのが以下の3点。

  • 《無情な死者》や《闇の掌握》のために3ターン目に黒3つ揃えたい
  • オーメンダールを起動できるような状況ならだいたい勝っている
  • トークンをちまちま出してる状況は、どうあれ負けていることが多い

特に1つ目が大きいですね。

3ターン目に黒3つ揃えたい場合、黒が出る土地の適正枚数は23枚です。最近はこの枚数配分のリストもちらほらと見かけますので、みなさん考えることは同じなんだと思います。

なお、たまーに強いこともありますので1枚入れるのは適正だと思います。

サイドボードの《高速警備車》x2

《屑鉄場のたかり屋》x4とセットで全体除去及びコントロール対策です。甘えたプレインズウォーカーぶっぱを咎めたりしつつ、全体除去に耐性をつけるカードです。

最初は《精神背信》x4やら《不帰+回帰》の2枚目やらが入ってたんですが、気づいたら《屑鉄場のたかり屋》x4と《高速警備車》x2になってました。

《精神背信》を入れられないおかげでゼウスサイクリングなどのコンボ相手には格段に弱くなってるんですが、当たらなければどうということはないし、当たったとしても綺麗にコンボを回されたなら別に負けでいいという男らしい理屈により問題ないという結論に。

サイドボードの《領事の旗艦、スカイソブリン》x2

ゾンビでアモンケット名人戦に出た友人曰くゾンビのミラーマッチで吐くほど強いとのことだったので2枚入れてみました。

土地24枚だと5枚目を置く前に詰まることがありそうなのでそこが少し不安なところです。同じタイミングで《リリアナの支配》もサイドインすることが多いので5マナが多くなってしまうのも難点です。

今後のメタでゾンビが死滅するようなら1枚で十分かもしれません。そうでなければサイドに《ウェストヴェイルの修道院》の2枚目を入れるというのも手かもしれないですね。

結果

14時集合だったのでのんびりお昼ごはんを食べつついざ戦いの場へ。

  1. マルドゥ機体(先手):◯◯
  2. ティムールエネルギー(先手):X◯X
  3. ティムール現出(先手):◯◯
  4. マルドゥ機体(先手):◯X◯
  5. マルドゥ機体(後手):X◯◯

IDできなくて辛かったりしましたが無事4-1にて3位でトップ8進出。

  1. 4色エネルギー(先手):◯◯
  2. マルドゥ機体(後手):X◯◯
  3. ティムールエネルギー(後手):◯X◯

きっちりスイス上位が上がってきたおかげで準決勝と決勝は後手スタートでしたが、なんとか勝利してPPTQ突破!

振り返り 

今回の振り返りとしてはゾンビは強かったの一言に尽きます。

強いと思った理由としては以下あたりです。

  1. 手数が多い
  2. 打点が一瞬で上がる
  3. 継戦能力が高い
  4. 安定性がメタ上の他のデッキと比較して段違いである

1、2はよく言われてることなのでいいとして、3は回せば回すほど実感します。特に《無情な死者》というカードが非常に強く、チャンプブロックのはずなのに何故かゾンビが増えるなどの意味不明な動きをします。

で、3に負けず劣らず大きいと思ったのが4つめ。

現在のメタ上のデッキは多くが3色以上で、今回当たったのも全部そうでした。そして、少なくない数を相手の事故で勝利してます。実は準々決勝と決勝は相手の事故だったりします。

逆に弱点としては、単色なのでどうしてもサイドボードの選択肢が狭いということでしょうか。今のメタだとそこまで気になりませんけれども、次の環境ではどうなるやら。

 

ちなみに前回のアモンケット名人戦はほぼミスをしなかった日でしたが、実は今回は結構しょうもないミスをしてます。多少ミスをしても勝てるくらいゾンビが強かったということです。

それに加えて今回は相性のいいデッキと多く当たれたので優勝できたという感じでしたね。

破滅の刻の話

それはそうと、破滅の刻のフルスポイラー出ましたね!

全除去3種類追加という、なんとかしてアグロの人権を奪ってニコル・ボーラスを活躍させたいという意図が見え隠れします。。。

しかしアグロは死なぬ!何度でも蘇るさ(たかり屋が)!

 

で、個人的な破滅の刻の1000枚枠はこちらです。

f:id:kommy117:20170701212211p:plain

どちらかというとスタンよりも下の環境で使われそうなカード。すでに死の影やらに入りそうという話をちらほら聞きます。

低マナ域のクリーチャー主体のデッキであればすんなり入りそうなカードですので、筆者が大好きな親和に挿しても面白そうだなと思って密かに注目しています。余波による速攻付与もかなり偉いです。

次のシーズンのPPTQのフォーマットがモダンであることを考えると、アンコモンながら高騰してもおかしくありません。安いうちに揃えましょう!私は8枚買いました(少し弱気)!

今後の予定など

そんなわけで、次の大きな大会は破滅の刻発売直後のPPTQとGP京都なのでしばらくはまたリミテッド生活です。

その後はPPTQ巡りのためにモダンをやったりRPTQに向けてスタンをやったりしてそうです。

 

というわけで次回。「GP京都への道」でまた会おう。