読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とあるアーティファクト使いの日誌

筆者のMTGライフやらを記録するブログです

アモンケット環境リミテ初め

大好評新発売中のアモンケット(ステマ)のプレリに行ったり、リミテッドのPPTQに参加してきたりしたのでその報告など。

プレリ

今回はプレリに4回参戦してきました!

事前にカードリスト眺めた感じだと緑がクリーチャーのサイズの問題で強そうだなとか思ってましたが実際どうだったのか。

1回目

一回目は地元のお店の深夜プレリ

f:id:kommy117:20170430053245j:plain

f:id:kommy117:20170430053228j:plain

カードを眺めてみた結果としてこの二つが思いついたので、入れ替えつつ試す感じに。

 

  1. 青白:◯◯
  2. 赤緑:XX
  3. 青黒:◯◯

ものすごく強い赤緑に蹂躙されたりしましたがなんとか2-1。構築としては、青赤緑のほうがちょっと強かったなと思いました。主にロナスで勝ってたのであまり関係ない可能性はあります。。。

 

2回目

こっからは某高田馬場のショップにて。

f:id:kommy117:20170430054207j:plain

さいつよのドラゴンがいたりと、かなり強い赤黒のつもりだったんですが、残念ながら2-1

 

  1. 緑白:◯XX
  2. 青緑:◯◯
  3. 赤緑タッチ黒:◯X◯

初戦の緑白は、ロナスの碑と猫のロードが出てくる素敵なデッキで、強い緑白デッキの形がわかりました。

 

3回目

f:id:kommy117:20170430054558j:plain

3回目はどうみてもニッサが余計な緑白タッチ青黒。

 

  1. 赤緑白:X◯◯
  2. 青緑黒:◯X◯
  3. 青白:◯◯

3-0!前日の経験で白緑の強い形がわかっていたのがさっそくプラスになりました。

展開!攻撃!全体強化!って感じで!!!

 

4回目

そして最後、4回目。

f:id:kommy117:20170430055021j:plain

f:id:kommy117:20170430055407j:plain

レアを見ると赤黒なんですが、2-3マナ域が少なすぎてネヘブもハゾレトも条件を満たさなそうでつらかったので、一応下の画像の緑白タッチ赤デッキに変形することも視野に入れて挑みましたが、

  1. 赤緑:◯◯
  2. 青白:XX
  3. 白黒:XX

1-2。赤黒にすると序盤軽いカードを引けないとつらく、緑白タッチ赤にするとカードパワーが落ちるという感じで、最適解がなんだったのかは結局わからず。。。

 

そんなわけで、プレリの総合成績は8-4。まずまずですかね!

PPTQ!

翌週はプレリに引き続き、人生二度目くらいのリミテのPPTQに参戦。

今回はMOで先行してリリースされてますので、4回くらいシールドのリーグを経験してから参戦しました。

MOでやっていて気づいたのは以下。

  1. 白以外の色だと2マナ域が足りなくなって3-5マナが渋滞することが多い
  2. 緑の大きいのにフタをされて負ける展開が結構ある(トランプルがわりと簡単につくのでフタされた後も早い)
  3. 神は全部やばいので可能なら対抗策をとりたい(要するに追放除去)

ということで、ボムをうまく引くか、プレリで3-0できた緑白のようなプールを引くことを祈りつつ戦場へ。

ちなみにドラフトは1回やったのみ。なのでトップ8入ってもドラフトで負けそうだなと思いながら気楽に挑むことに。

f:id:kommy117:20170430061701j:plain

f:id:kommy117:20170430061734j:plain

神やらのボムは引けませんでしたが、強レアである伝説の生物たちを引くことができましたので十分戦えそうです。ただ、色がばらけたため全ては使えないという悲しい状況。

こんなときはいくつかデッキを考えるのが機知。ということでテムメトとドレイク製造機を活かす青白と、ハパチラ及びネヘブを活かした赤黒タッチ緑が出来上がりました。

赤黒緑の方は先手の時に特に強そうなので、メインボードは青白にして飛行を意識させて、相手によってはサイド後に赤黒緑に化けるプランに決めていざ試合へ。

  1. 青白タッチ黒(先手):X◯X
  2. 緑黒(先手):◯X◯
  3. 緑黒(先手):◯◯
  4. 青緑(先手):X◯X

2-2でドロップ。ダイス運はよかったんだけどな。。。。

反省点としては以下。

R1の1本目で割と簡単な勝ち確を見逃した

そういうしょうもないことすると勝てないの!!!

R4の3本目は短期決戦を目指すプレイをすべきだった

状況としては、ライフは20対13くらいでリードしており、相手は2/4を1体出して土地をフルタップ。こちらは2/2接死と2/1でパワー2以下にアンブロッカブルを付与できる赤いあいつをコントロールしていた状況。お互いの手札は2枚で、こちらの手札の1枚は赤の4マナ4点火力。

f:id:kommy117:20170430065600p:plain

この状況でターンが返ってきたので、サソリをアンブロッカブルにして殴って2点ずつ通していくプランを選んだのですが、今考えるとここは4点火力を2/4に打ち込んで4点通していくべきだったかなと。

理由としては以下。

  1. こちらは赤黒で、短期決戦を目指すデッキである
  2. 緑相手だと次に5/5やらの生物が出てきてもおかしくないため、4点火力を残していても意味がない展開になりそう

特に2番目が大きいかなと思います。4点火力を温存するのが重要かどうかをしっかり考えるべきでした。

デッキ構築について

デッキの強さ自体は2つのデッキで同じくらいでした。キーカードも2枚ずつですしね。

相手のボムに備えて青白の方に黒の追放除去をタッチしてもよかったかな、くらいです。

 

また、ドロップ後に3-1ラインのデッキをメモってたんですが、以下のような感じでした(4-0ラインは2組ともIDだったのでメモれず)。

緑黒、赤黒、白黒、緑白、青白、緑白、赤白、青緑、緑黒、赤緑、白黒タッチ青、青赤、白黒

タッチは無視してメインカラーの登場回数を数えると、、、
白:7
青:3
黒:6
緑:6
赤:4

サンプル数少ないですが、強い色と弱い色はなんとなくわかりそうですね。

プレリ、MO、PPTQとやってきた個人的な感想ですけれど、今のところシールドでの各色の感触はこんな感じです。

強い。コモンと低マナ域の層が厚く、アンコモンとレアにも強力なカードが多いのでメインカラーにしやすい印象。

弱いというか使いづらい。サイクリングシナジーなんかはシールドだと組みにくいのでつらい。また、クリーチャーが細いので、相方となる色をちゃんと選ばないと緑とかに蹂躙されて死んでしまう。

逆に言うとプールに恵まれたら地獄のようなデッキができる可能性がある。。。

RPTQの時にちらっと見たけど、4-0ラインに青黒がいたのであれはきっとそういう類なのではないかと。

強い。除去が強いのと、緑or白と組んだ時にいいデッキができやすい気がする。

不人気なのだけど、環境最強は赤緑だと思ってたのでこの結果はとても意外。

押し込む以外の戦術がとりにくい色なので、強いプールを引けないと手が出しにくい色なのかもしれない。

強い。クリーチャーのサイズがとても偉い。緑のカルトーシュのおかげでトランプルを付与しやすいのでフィニッシュも早い。

個人的に一番強いと思うのが6マナ6/7呪禁のあいつで、緑をやるならぜひ欲しいカード。

最後に

そんなわけで、構築はちゃんとできましたがプレイで反省点が多く見つかったという感じでした。RPTQに向けて頑張っていきます。

では次回。「開幕。アモンケットスタンダード!」でまた会おう。