読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とあるアーティファクト使いの日誌

筆者のMTGライフやらを記録するブログです

アスガルドガイド

前回に引き続き、今回はアスガルドを使ってみようと思います。前回のイズモマニュアルが割と好評だったので、別勢力のも作ってみようという話です。

ちなみに、なぜマジック・ザ・ギャザリングがメインのブログなのにデュエルエクスマキナの記事が2回続いたのかというと、次のアモンケット環境まであまり語ることがないからです!!

なんでアスガルドなの?

二つ目の勢力としてなぜアスガルドを選んだのか?

オリンポスとルクソールは対戦で結構当たりますので使っている人は多そう。トリニティもテーマがはっきりしてますので、デッキの作り方の方向性自体はわかりやすいですよね。

しかし、アスガルドだけはどういうデッキを作ったらいいのかぱっと見ではわからないですよね。ですので情報に需要があるかなと思いました。

フレイヤちゃんかわいい!声もセクシー!使いたい(意味深)!」という人がいたとしてもデッキの作り方がわからなかったり、負けまくってしまってばかりだと悲しいですよね。そんな方々の一助になればいいと思ったわけです。

そんなわけで、アスガルドフレイヤ)ガイドを始めます。

デッキ紹介

今回のデッキはこちらです。

f:id:kommy117:20170410033918p:plain

序盤は軽量生物と除去でしのぎ、中盤以降に「彷徨えるゴーレム」等の中堅生物で盤面を制圧し、最終的には「魔狼フェンリル」か「戦略神オーディン」で勝負を決めるというのがコンセプトになります。いわゆるミッドレンジデッキですね。

ただ、実際には相手のデッキ次第で戦い方を変える必要があります。

オリンポスやイズモの速いデッキが相手の場合、彼らの攻撃をひたすらさばいて相手を息切れさせることだけに注力します。それができればフェンリルオーディンがでなくても勝ったりします。

逆に、ルクソールやトリニティが相手の場合、序盤に出した「大地蛇ヨルムンガンド」や「彷徨えるゴーレム」で積極的に攻撃して勝つという戦い方をしなくてはならなかったりします。

前回のイズモデッキは、とにかくこちらがやりたいことを押し付けて相手が対応を間違えるか対応しきれなければ勝つというデッキでした。

今回のアスガルドデッキはまず相手のデッキがどんなデッキなのかを予想し、見極め、その上で最善を尽くして戦わなくてはいけません。さらに、そもそもどんなデッキが流行っているかによってカードを変えたりということも必要になります。

そんなわけで、相手の行動を見て対応したりという、TCGの醍醐味を存分に味わえるデッキでもあります。TCG自体の楽しさを味わいたいという方にはオススメです。

 

また、このデッキには「伝書鳩フギン」と「大蛸クラーケン」の能力をフレイヤのガーディアンスキルで誘発させてアドバンテージを得るという要素があります。これもうまく使えるととても気持ち良かったりします。

このデッキの回し方

基本

デッキ紹介のところでも書いた通り、序盤は耐える、中盤で盤面をとる、終盤で反撃に転じて勝つ。というのが主な流れです。

初手は1-2マナのカード以外は引き直しましょう。「カタツムリ、地術師、バルドルの閃光」みたいな手札が理想です。

デッキの狙いがうまくいった例は、以下のような感じ。

f:id:kommy117:20170410004424p:plain

序盤はひたすら攻撃され、HPも残り6しかありませんね。違います。6も残ったのです。さあ、反撃に転じましょう。あとは息切れした相手をじわじわと追い詰めていくだけです。

ちなみにこのあとの具体的な行動はクラーケンを出し、ゴーレムで2/2に攻撃、その後ゴーレムにフレイヤのスキルを使ってクラーケンの能力で2/1を倒す、となります。こうすると相手の盤面を更地にした上でゴーレムとクラーケンが残り、あとは数ターンで勝利できるでしょう。

時には積極的に攻める

時には自分から攻めることが必要な場面もあります。以下は同型との対戦の一幕。

f:id:kommy117:20170410005143p:plain

相手のデッキが遅いと見て、3/3のいる列とは別の列から積極的に攻撃を仕掛けていったわけですね。除去が手札にありますので、あとは止めをさすのみという局面。速攻がうまく決まった戦いでした。

ガーディアンのスキルはうまく使おう

フレイヤのHP回復のスキルは非常に大切です。これをうまく使いこなせるかどうかが勝てるかどうかの鍵と言えます。

伝書鳩フギン」と「大蛸クラーケン」と絡めた場合はもちろんですが、HP回復によって生物同士の戦闘を有利に進めるのが非常に大切です。回復を使って一方的な攻撃(こちらの生物のみが生き残る攻撃)を繰り返すことで盤面を制圧していき、相手の息切れを狙うのがこのデッキの主な勝ち筋になります。

なお、以下の点だけはいつも頭に入れておく必要があります。

  • 生物はHP以上は回復できない(ダメージを受けていると生物のHPが赤字になるのでそれで見分ける。怨念などHP操作の効果を受けている場合は特に注意)
  • HPが最大値の生物に回復効果を使っても伝書鳩フギン」と「大蛸クラーケン」の能力は誘発しない

非常にうっかりミスに繋がりやすいところなので、気をつけましょう!

このデッキの注意点

使い方以外の注意点がいくつかあります。

1ゲームにかかる時間が長い

ミッドレンジデッキの宿命として、1ゲームにかかる時間がアグロデッキよりも長くなります。時間がかかろうが勝率が高ければいいと思うかもしれませんが、これが実はバカにならないデメリットです。

この手のゲームでは、ランクをあげたりイベントで上位になったりするには、勝率と対戦数の両方が高い必要があります。つまり、多少勝率が低くても対戦数が多ければそれを補えるのです。

特に、Sランクを目指してゲームをやっていたりする人は、素直に強いアグロデッキを使うことをオススメします。

ルクソールには大幅に不利

使ってみると分かりますが、このデッキはルクソールになかなか勝てません。例えば以下の場面をご覧ください。

f:id:kommy117:20170410005606p:plain

盤面は制圧し、クラーケンもフェンリルも出ている。手札もたくさんあるし、相手のライフも半分削りました。勝利は目前に見えるでしょうか。ところがどっこい、実はこれ負ける寸前なのです。

ミッドレンジはコントロールが苦手。こればかりはしょうがないところです。

対戦を続けていて、あまりにもルクソールばかりと当たるようであれば素直にデッキを変えましょう。そのまま続けてもランクが下がっていくばかりです。

このデッキは別に強いわけではない

ここまでこのデッキを紹介しておいて今更になりますが、このデッキは別に強くはありません。

筆者はこのデッキでSランクのランクマッチにてポイントを15くらいあげることに成功してますので、連勝ボーナスを考えても5割は超えているはずですが、やはり前回のイズモデッキに比べると勝率は低いです。

なので、現時点では、アスガルドのデッキを使ってみたい方か、フレイヤちゃんファンクラブの方の参考になってくれればいいくらいの感じですね。

強くなるかどうかは今後のカード追加に期待しましょう!

改良の余地が多分にある

このデッキ、まだまだ完成系という感じはしません。改良の余地は多分にあると思います。

  • 除去をもう少し増やした方がいいのではないか?
  • サナムは本当に必要か?
  • オーディンじゃなくてフェンリル2枚の方がいいのではないか?

などなど、ぱっと思いつくだけでもたくさんあります。このあたりは皆様使いながら調整していってください。

こんな高いカード持ってないよ!!っていう方に。

フレイヤちゃんのためなら金に糸目はつけねえ」という方はこの部分は読み飛ばしていただいて大丈夫です。

それ以外の方で、レジェンドをそんなにボンボンデッキに入れられないよという方、いると思います。

案ずることはありません!市民!

たまたま筆者がガチャでフェンリルオーディンを引いていたのでこの2枚が入っていますが、持っていなければ別のカードでも代用可能です。フェンリルは重要なカードなのでできれば欲しいところですが、サナムとオーディンは別のカードで代用でも問題ありません。

この時、入れ替えるカードは流行っているデッキに合わせて入れ替えると良いです。元のデッキ自体も、ランクマッチにはオリンポスのアグロデッキが多いことを想定したデッキになっていますので、その方向でさらにおしすすめて見ましょう。

f:id:kommy117:20170410020848p:plain

レジェンド2枚を「砂猫デザートリンクス」2枚と入れ替えた感じです。相手の少し大きな生物を怨念で弱体化できれば、バルドルの閃光で巻き込んだり軽い生物で相討ちを取ったりできるようになりますね。

実際にこのデッキでも少しランクマッチをやってみましたが、オリンポス、イズモのアグロデッキ相手だと安定性が増し、勝率も悪くありませんでした。ルクソールにはほぼ勝てなくなりましたが。

逆にルクソールやトリニティに勝ちたいなら、「ドワーフの少年」など、軽くて打点の高い生物を追加するのが良いでしょう。

カードが足りないなら足りないなりに工夫するというのもまたTCGの醍醐味です。また、周りの流行に合わせてデッキや戦い方を変えて勝利をつかむというのは、一度覚えたら病みつきになりますよ。

最後に

ちなみに筆者はマイナーなデッキを使うのが好きなタイプの人間というわけではありません。マジックのほうの記事を見ていただいてる方はわかると思いますが、どちらかというとバリバリのトップメタを使うタイプです。

 

今後の予定としては、4/16に某ショップでのBMIQ(モダン)に参加し、その後は新環境を待つという感じになりそうです。

デュエルエクスマキナとシャドバも相変わらずやってるので、それ関連で何か書く可能性もなきにしもあらずですが、おそらく次の記事はマジック・ザ・ギャザリングかな。

というわけで次回、「魔境、モダン!」でまた会おう。