とあるアーティファクト使いの日誌

筆者のMTGライフやらを記録するブログです

GP静岡の死闘

GP静岡行ってきたのでレポート書きました。

デッキ選択

大方の予想に反して禁止が出なかったということで、変わらずサヒーリと機体の二強の環境なので、機体にすることは確定しました。

微調整を繰り返した結果出来たのがこちら。

クリーチャー:20
4:《歩行バリスタ/Walking Ballista》
4:《模範的な造り手/Toolcraft Exemplar》
4:《スレイベンの検査官/Thraben Inspector》
4:《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger》
2:《異端聖戦士、サリア/Thalia, Heretic Cathar》
2:《大天使アヴァシン+浄化の天使、アヴァシン/Archangel Avacyn+Avacyn, the Purifier》

呪文:16
3:《致命的な一押し/Fatal Push》
4:《無許可の分解/Unlicensed Disintegration》
4:《キランの真意号/Heart of Kiran》
1:《霊気圏の収集艇/Aethersphere Harvester》
4:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》

土地:24
3:《平地/Plains》
3:《沼/Swamp》
3:《霊気拠点/Aether Hub》
4:《感動的な眺望所/Inspiring Vantage》
4:《産業の塔/Spire of Industry》
1:《鋭い突端/Needle Spires》
2:《乱脈な気孔/Shambling Vent》
4:《秘密の中庭/Concealed Courtyard》

サイドボード:15
1:《苦渋の破棄/Anguished Unmaking》
1:《致命的な一押し/Fatal Push》
1:《苦い真理/Painful Truths》
1:《領事の権限/Authority of the Consuls》
2:《グレムリン解放/Release the Gremlins》
2:《チャンドラの誓い/Oath of Chandra》
3:《リリアナの誓い/Oath of Liliana》
1:《停滞の罠/Stasis Snare》
2:《先駆ける者、ナヒリ/Nahiri, the Harbinger
1:《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited》

前回のデッキからの細かい変更点としては以下

白黒ベースの構成に変更してチャンドラを抜く

一人回しをしている中、赤か黒どちらかが出せずに苦しむというのが結構ありました。

長いグランプリを戦うためにはデッキの安定度を高めるのが良いと思ったため、赤か黒どちらかを薄めようという発想に。同型対策に致命的な一押しを取る必要があるため、黒を濃くするのが妥当と判断。赤赤がなかなかでないという結論に至ったため、泣く泣くチャンドラとはお別れしました。ついでにショックも切った。

サイドのPWコンへのシフト要素を少し削ってサイド後のプランを少し広げる

PWコンへのシフトがいまいち聞かない相手に対して、元どおり押し込むプランを取ったりもできるようにしてみました。

霊気圏の収集艇を1枚採用

同型で強い追加の航空戦力であり、霊気拠点の色マナを安定させるために一枚採用。バリスタや検査官が乗れるというのもいいですね。

前日。モダマス2017を楽しむ

12月にGPTで2byeをゲットしていたので、今回は前日はのんびり出来ます。

ということでモダマス2017発売記念イベントへ、イクゾー。

モダマス2017の6パックシールド。血染めの月Foilをゲットして参加費くらいは取り返したところで、さあデッキを組むぜ。

f:id:kommy117:20170322161456j:plain

このクソデッキを作ったのは誰だあ!!!

  • 青白ブリンク(後手):X◯X

奇跡的に一本取るも、3本目にはめちゃくちゃされて敗北。しらす丼を食って明日に備えます。

本戦1日目!

いよいよ本戦です。2byeあるし初日は抜けたいところ!!

  1. bye
  2. bye
  3. ティムール霊気池(先手):◯X◯
  4. ティムール霊気池(先手):XX
  5. ティムールタワー(後手):◯◯
  6. 白黒ミッドレンジ(後手):◯XX
  7. ジェスカイT黒サヒーリ(先手):◯XX
  8. ティムール霊気池(先手):XX

会場を間違えたのかな。。。機体も4Cサヒーリもいなかったんだけど。。。。

最後は霊気池起動から霊気池キャスト、また霊気池起動から霊気池キャスト、そして霊気池起動からウラモグ、とかいう謎のムーブをくらい敗北。1ターンに3回霊気池を起動されたのは世界広しと言えど私くらいのものでしょう。

そうしてもはやPWPのために最後まで戦う気力も失い4-4にて無念のドロップ。知り合い3人と来てたのに一人だけ初日敗退という悲しみを背負い、会場を後にしました。

敗者の弁としては、ティムール霊気池は侮っていました。いきなりウラモグを引かれるとかしない限りは負けない相手だと思ってたのですが、緑組み細工によるライフゲインなどが想像以上に粘り強く、サイドを含めると微不利くらいだったのではないかなと。手札破壊などをサイドに取ってなかったのも敗因かと思います。

結果だけ見れば機体は勝ち組だったようなので、その機体を持ち込みながら初日敗退は悔しいの一言。

2日目!PTQ!

気を取り直して、せっかくだしということで、シングルエリミネーション5+3で参加費7000円とかいう地獄のようなPTQに釣られてみましたよと。

f:id:kommy117:20170322163217j:plain

理想的な赤緑のプール。これは、勝てる!!!

そう確信して挑んだ結果は。。。

  1. 緑白:◯◯
  2. 青白:X◯◯
  3. 青白:XX

む、無念。。。

R2も大体負けていたようなものだったので、実質的には2没です。これだけ強いプールをもらっておきながらという悔しさ。構築に関していうと、2-3マナをもう少し厚めに取るべきだったなという印象。R1、R2で結果的に白の二枚が勝負を決めたので、白タッチは正解だったかなとは思いました。

その後8人ドラフトに参戦したりお土産のこっこを買ったりして、帰宅しました。

今後の話

今後についてですが、2017年目標としてプロツアー出場権利を得ることというのを明確に設定しました。なので、PPTQに出つつグランプリがあればそれに出るという感じになります。それ自体は今までとあまり変わりませんね。

5月から7月前半にかけて忙しいのもあり、GP神戸は出られませんので、次の大きな大会はGP京都(リミテッド)になります。

ということで、しばらくはスタンの練習をしてPPTQ突破を目指しつつ、GP京都に向けてちょいちょいリミテッドの練習をするという感じになりそうです。

 

今回敗因として強く感じたのは、特に自分が使ってないデッキに対する理解度の低さでした。アグロしか使えない人間ではありますが、他のデッキも回してみて経験を積む必要はあるなと。

ということで、おそらく次の禁止改訂でサヒーリコンボは禁止になると思うので、それまでのPPTQは4Cサヒーリで出ようかなとか思ったりしてます。

おまけ

ジャッジ試験受けてきました

実は今回、金曜日にジャッジ試験を受けてました。

イベントでのジャッジ経験がないのでそれは地元に戻ったら斡旋してもらってということになるのですが、筆記試験は無事合格したので一歩前進といったところです。

ジャッジ試験に関しては、無事認定ジャッジになったらまとめてみようかなと思ってます。乞うご期待。

次の環境どうなるのっていう話

アモンケットがどういうセットになるかとか禁止改訂がどうなるとかいろいろみなさん予想されてると思うのですが、個人的には以下のどちらかになってくれるといいかなと思ってます。

  1. 守護フェリダーと霊気池(とギデオン)を禁止にする
  2. 対策カードをちゃんと刷る(真髄の針とか!!)

守護フェリダーについては今更特に語ることもないでしょう。皆様が思ってる通りだと思います。

霊気池は、今回連発されてて思いましたがやはり許されざるカードだなと思いました。安易なコストの踏み倒しは、やはりダメですよ。アモンケットで出るであろうボーラス様は重たいコストと強力な能力を持ってて、相応のコストを払って戦場に出てきてほしいなと思います(まあ出てくる前に倒すようなデッキを組むんですけどね。。)。

ギデオンはまあ、上の二枚に比べれば幾分かマシではありますが、いずれにせよ先手ゲーすぎちゃうんでね。禁止されても違和感ないですね。

 

逆に、対策カードをたくさん刷る方向になったら、それはそれで健全かなと思います。例えば今の環境に真髄の針があれば、環境はガラッと変わってると思います。

結局のところ今の情報伝達の速度であれば環境は一瞬で解明されてしまうので、対策カードをたくさん用意することでメタの読み合いで勝負させるっていうのもそれはそれでいいかなとも思うのです。

ただ問題なのは、アモンケットはサヒーリコンボに気付いていない状態で調整されてるっていうことなんですよね。だから対策カードも不十分なんじゃないかなというのが、まあ懸念でしょうか。

 

 

次はもう少し救いのある環境がいいなと思いつつ今回はこの辺で。次回、「再始動!」でまた会おう。