読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とあるアーティファクト使いの日誌

筆者のMTGライフやらを記録するブログです

GPT参戦記 2016/12/25

GPT静岡に参戦してきました。

 

フォーマットはスタンダード。デッキは前回のPPTQと同じく白黒人間です。

サイドのハンウィアーの民兵隊長を抗戦に変えてますがそれ以外は同じ。

クリーチャー:30

4:《模範的な造り手/Toolcraft Exemplar》

4:《探検隊の特使/Expedition Envoy》

4:《厳格な巡邏官/Stern Constable》

4:《スレイベンの検査官/Thraben Inspector》

4:《町のゴシップ屋+扇動された民衆/Town Gossipmonger+Incited Rabble》

4:《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger》

4:《サリアの副官/Thalia's Lieutenant》

2:《異端聖戦士、サリア/Thalia, Heretic Cathar》

呪文:12

4:《石の宣告/Declaration in Stone》

4:《永遠の見守り/Always Watching》

4:《密輸人の回転翼機/Smuggler's Copter》

土地:18

10:《平地/Plains》

4:《秘密の中庭/Concealed Courtyard》

4:《乱脈な気孔/Shambling Vent》

 

サイドボード:15

4:《無私の霊魂/Selfless Spirit》

1:《抗戦/Make a Stand》

4:《精神背信/Transgress the Mind》

2:《停滞の罠/Stasis Snare》

2:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》

2:《沼/Swamp》

前回思ったことですが、デッキの詳細が知れ渡っていないのでまだまだ勝てると踏んでこのデッキに。目指せ 2bye!

日程が日程だけに少人数な大会でしたが結果や如何に。

  1. 青白人間タッチ黒(後手):×◯◯
  2. 青赤バーン(先手):◯×◯
  3. 青白人間(後手):×◯◯
  4. 4C機体(先手):◯×◯
  5. ID

4-0-1で一位で決勝シングルエリミネーションへ。

このデッキで先手を取れるのは非常に大きいので頑張りたいところです。

  1. ティムール霊気池(先手):◯×◯
  2. マルドゥ機体(先手):◯◯

2byeげっと!!

強気のキープが裏目らなかったり、相手があと一枚土地引けば負けみたいなところで4ターンくらい土地を引かなかったりしてくれた試合があったので、かなり運に助けられた感じはありました。

各デッキとの相性を考えてみる

次にスタンで大会に出るのは霊気紛争発売後になりそうなので、現時点でのこのデッキの立ち位置について考えてみました。

機体系(メイン有利、サイド互角)

基本的に先手ゲーですが、こちらのほうが展開力が高く、機体系の除去を打たれてもテンポで圧勝できるのでメインは少しだけ有利です。

サイド後に相手がコントロールよりにシフトするのかなどをどう読むかでサイドプランが変わるので、サイドボードが難しい相手でもあります。稲妻織りがサイドに取られていた場合は不利になります。

最終的には密輸人の回転翼機をめぐる戦いになることが多いです。どうみても無許可の分解を構えているところで搭乗とか絶対にしないのが大切です。

このデッキにしてから機体系には全勝していますが、楽勝というわけでもないのでこのくらいの相性だと思います。

霊気池系(メイン有利、サイド不利)

メインから全体除去は積んでいないケースが多いので、メインはそれなりに有利に戦えます。霊気池の起動を厳格な巡邏官もしくはサリアが生存した状態で迎えられれば勝てます。

サイド後は精神背信で最低限の抵抗をしつつ、コジレックの帰還が打ち込まれる前にいかに相手のライフを削るかという勝負になります。

青白フラッシュ(メイン微有利、サイド互角)

相手の対応が始まるより早く動けるのでメインは少し有利だと思います。密輸人の回転翼機と永遠の見守りをセットするのを最優先するのがいいです。

サイド後はギセラなどが積まれて少し相性が覆りますが、稲妻織りのヤバさに比べればまだマシです。石の宣告をここぞというところまで温存するのが大切です。

黒緑昂揚(メイン有利、サイド微有利)

相手の除去一枚一枚が重く、サイド後も全体除去がそこまで飛んでこないので有利といえます。

カリタスとイシュカナをどうにかする必要があるので除去はそこに合わせる、というのだけ守れば割と有利に戦える相手です。

 

主要なデッキとしてはこんなところでしょうか。

主要な三つに対しては霊気池以外には有利ということで、現状のメタの中の立ち位置はやはりいいといえますね。

ちなみにバーンとドレッジには不利なのでそれらが今後のし上がってくると厳しそうです。

 


そんなわけで、次の目標は某フロンティア神決定戦。その後霊気紛争発売後にRPTQとなります。ガンバリマス。